麻婆豆腐についての小考察

別に考察っていうわけでもないんだけど、この二日はずっと学食で麻婆豆腐食ってた!

そして、アニメに忠実して「激辛麻婆豆腐」を再現するため、学食の唐辛子とラー油を利用して「激辛」を作ろうとした!残念ながらその味は辛さも足りないしまずさはあまりにも。。。。

それで、ここはちょっと「激辛」の麻婆豆腐の作り方について少し「脳内」考察しようと思います

まず四川省の麻婆豆腐の作り方について、「唐辛子」と「ラー油」は使うけど、日本でよく使われてる「七味唐辛子」や焼き餃子用の「ラー油」の味は微妙に違うし、特に七味唐辛子には麻婆豆腐にあるはずのない味まで入ってるから無理矢理に入れるとまずいっといったらありゃ。。。

次に辛さを追求すれば、四川風の麻婆豆腐は豆瓣じゃんを沢山入れるんだけど、それはもともと塩も沢山入ってるので、あとから辛さのタメに豆瓣じゃんを入れすぎると辛さよりも塩っぱさが出てくるのでこれも入れすぎるとダメ

だから、学食の麻婆豆腐を「激辛」麻婆豆腐にしようと思っても無理

これで、今週か来週の週末に自分で最初から麻婆豆腐を作るつもりです!とは言ってもおそらく今週は無理だと思うから来週の楽しみにして下さいね皆さん><

Author: 星野恵瑠

Mac user, Niji-Ota, Chinese, Now working in Japan at MAGES. Inc., Future's aim is that one day my name can be listed in Wikipedia

14 thoughts on “麻婆豆腐についての小考察”

  1. 中国の人が作った麻婆豆腐や、チャーハンを食べたことがありますが、日本にとっては辛すぎて驚きましたww
    辛口ってメニューもあったんですが、想像できないです (???!)

      (Quote)  (Reply)

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

(;;) (:D) (!!!!) (……) (^o^;) (==) (OoO) (=v=o) more »