「東京・石原知事、朝青龍を痛烈に批判」についての感想

一昨日のニュースで、東京・石原知事、朝青龍を痛烈に批判があったが、個人的の意見をここで述べよう

まず、当たり前といえば当たり前のことであるが、中国人として石原知事があまり好きではない、ただ中国人である立場から去ても石原知事にはどうしても賛成できない点がある、そのひとつとして彼の性についての発言で、「女性が生殖能力を失っても生きているってのは無駄で罪です [90]」との話をしたが、自分からすれば明らかな差別発言であるとしか思わない

今回の事件もそうで、敏感すぎたかもしれないが、国粋主義者である彼がこの発言をしたには、僕からは外国人である朝青龍関が気に入らないからこそであるにしか見えない、なぜなら「国技」や「日本」などの単語はあまりにも出現率が高いから、日本の国技である相撲なのに、外国人が一番強いのは少しおかしくないか?と彼が考えているのではないか?と僕はそう思う

また、自分でも確かに朝青龍の件について非常に残念に思う、自分でも常に「公衆人物であるからこそよりいっそ自分の言論や行動に責任を持ってするべきだ」と、なのでお酒飲んで酔って人を殴るのはもちろんダメであり、ただ誰てあれ、過ちはあるだろう、過ちは怖くない、怖いのはなんどもなんども同じ過ちを繰り返すこと、なので朝青龍自分も自分の過ちを知り、またお詫びの言葉も本心であり、あまり攻めすぎるべきではないと自分は思う、むしろ「人間」そのものに差別発言をした上で、「自分は悪くない」とばかり主張し、お詫びの言葉一つない某知事より遥かに偉大ではないかと

ただ、余談だが、自分はこういう「自分の思うことをそのまま言える言論の自由」は好きだ、むしろいろんな人間がいるからこそ世界が面白いと自分は常にそう思う

以上、外国人である僕からの石原知事から朝青龍への批判についての感想

Author: 星野恵瑠

Mac user, Niji-Ota, Chinese, Now working in Japan at MAGES. Inc., Future's aim is that one day my name can be listed in Wikipedia

4 thoughts on “「東京・石原知事、朝青龍を痛烈に批判」についての感想”

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

(;;) (:D) (!!!!) (……) (^o^;) (==) (OoO) (=v=o) more »